iPhone XS/ XS MAXが熱い場合の対処法や確認方法とは?

この記事ではiPhone XS/ XS MAXの端末が熱い時の対処法などをお伝えしていこう。

もしあなたのiPhone XS/ XS MAXが現在端末減が熱い場合は、まず利用方法からチェックする必要がある。

また良い切欠なので、これを機に少しだけスマホのことを理解していただくことをお勧めする。

今後もし回復したとしても再発する可能性や、次回は回復できないかもしれないリスクを考えると、日頃からバックアップを取っておくことをお勧めする。

何はともあれiPhone XS/ XS MAXの電源入れ直しをしてみよう

iPhone XS/ XS MAXの端末が熱い|電源入れ直しの画像

iPhone XS/ XS MAXの電源の入れ直し
1.右側面の音量ボタンと左側面の音量ボタンのどちらかを同時に押す。
2.画面の表示が変わるまで押し続け、表示が変わったら手を離す。
3.「スライドで電源をオフ」のスライドを右にスライドさせる。
4.電源が切れたら、右側面の電源ボタンを長押して起動する。

 

一度電源を切って、再度起動することでリセット効果があるため、iPhone XS/ XS MAXの端末に何らかのエラーが発生していた場合には改善が出来るだろう。

タスク(アプリ)の消去をしているか?

iPhone XS/ XS MAXの端末が熱い|タスクマネージャーを使っているか?の画像

アプリをたくさん起動している場合には、タスク(アプリ)の消去にて裏側で起動したままになっているアプリを削除することで電池の減りが早い事象を回避することができるだろう。

単純な話、多くの処理が必要な「ゲームアプリ」や「動画」アプリなどを終了せずに複数立ち上げたままにしていると、当然電池の減りは早い。

以下がiPhone XS/ XS MAXのタスク(アプリ)の消去方法だ。

iPhone XS/ XS MAXのタスク(アプリ)の消去方法
1.ディスプレイの下から上にスワイプする。
2.現在立ち上がっている状態のアプリが表示される。
3.フリースしたアプリを右もしくは左にスワイプをして探す。
4.見つけたら左上の赤い侵入禁止のマークか上か下にスワイプをして消去する。
5.ホーム画面に戻って再度アプリをタップして起動する。

充電しながら放電をしていないか?

iPhone XS/ XS MAXの端末が熱い|充電しながら放電をしていないか?の画像

充電をしながら放電をする事を簡単に説明しよう。

例えば、ゲームや動画アプリまたナビアプリなど長時間継続して利用する、また多くの処理動作を必要とするヘビーなアプリを起動すると必要以上に電力がかかり多くの放電をするだろう。

放電は通常でも電池が消費することを言うが、ここではより多くの電力を必要とするアプリのことを指す。

更に、充電をしながら上記のようなヘビーな放電をすると、端末にかなりの負担が掛かるため熱を持つことがある

また端末に熱を持つと言うことは、端末自体に負担が掛かるだけでなく、電池にも影響を与えることになる。

何故ならリチウムイオン電池は熱に弱いため、劣化を早め流ことになり電池容量が著しく減ることになるだろう。

リチウムイオン電池の消耗は500回ぐらいと考えられるが、これは0%〜100%のフル充電が目安である。

例えば一日一回フル充電をするとなると2年弱の計算になるが、必要以上にスマホを利用しなければ、一日一回もフル充電する機会はないだろう。

しかし、スマホでゲームや動画を頻繁に見たり、毎日ナビアプリを利用する方であれば、一日に何度も充電をしたり、充電をしながら放電をしたりする場合には、当然端末が熱を持つ影響も重なり、著しく電池の劣化を早めるだろう。

誰もがやってしまいがちな充電をしながらの操作だが、リチウムイオン電池には一番大敵である熱をを生み出すことにもなるためできるだけ避けてほしい。

購入したばかりのスマホでも、上記操作を何度も繰り返していれば、当然電池の劣化を早めることになるため、注意が必要だ。

端末本体の故障の可能性

iPhone XS/ XS MAXの端末が熱い|端末本体の故障の可能性

上記要因を操作や、確認しても改善されない、またバックグラウンドで何も立ち上げていない場合でも、iPhone XS/ XS MAXの端末が熱を持っている場合には故障の可能性が高い。

すぐに、購入したキャリアやショップの保証などを確認し、修理点検を行った方が得策だろう。

端末が熱を持っているか?それとも電池の劣化が原因で電池が熱を持っているか?どちらか特定が難しいため、大手キャリアの店頭では電池テスターで電池の劣化を確認がきるところもあるため、一度確認をしてみるのも良いかもしれない。

また今後のスマホ生活でのリスク回避として、SIMフリーのスマホを一台持っておく事は良いだろう。

2台持ちにオススメなのはUQモバイルだ。

2年連続顧客満足度が高いことが信頼できる格安SIMと言えるだろう。

UQ mobile

以下のイオシスで中古2万台ぐらいで容量が64GBがオススメだろう。

年間販売台数40万台以上!中古スマホ・タブレット販売の【イオシス】|けっこう 安い。

日頃からバックアップを取っておこう!

iPhone XS/ XS MAXの端末が熱い|日頃からバックアップを取っておこう!

フリーズが起きた際に、元にもどらないケースがある。

一時的な動作不良では、電源の入れ直しや強制終了などで改善ができるはずだが、稀に強制終了をした後、電源が立ち上がらないことがある。

そのような場合には修理が必要になり、それまで保存していたデータは戻らなくなってしまうだろう。

そうならないためにも、日頃からバックアップを取っておくことはリスク回避としてはとても重要なことだ。

iPhone XS/ XS MAXであれば、iCloudでバックアップが取れるだろう。

おすすめの記事